殿の資産運用&わんこの白血病闘病記

専業投資家/仮想通貨、暗号資産メイン

愛犬が白血病と診断されました

我が家には3頭のチワワがいます。

 

白血病と診断されたのは

3歳になるロングコートチワワのしんぺい君。

↓6/22日 AM3:00撮影w

大阪市内の平野区のペットショップにハムスターでも飼いたいなって気持ちでペットショップに入店しました。

 

入店してまず入り口にあるワンココーナー。

 

子犬ちゃんたちがたくさんwww

 

賃貸やし、ペットあかんし、バレたらやばいし、辞めとこう・・・・

 

「すいません、この子見せてもらえますか?」

 

えwwwww

 

「チワワやしおとなしかったらバレへんやろ・・・w」

 

って安易な気持ちでお迎えしてしまいましたw

 

お迎えして当日抱っこするとあまりの小ささに腕から落ちてしまって、あわば骨折事件・・・。。。。。笑えない。。。。

 

しんぺい君が家に来てから、どこに行くにもずっと一緒。

車でドライブ行くときも、アウトレットや買い物に行くときも、海に行くときも、実家に帰省するときも、温泉に行くときも、グランピングに行くときも常にいつも一緒だったしんぺい君。

 

3人兄弟の一番お兄ちゃん。

 

下の兄弟が喧嘩してると悲しそうにくぅくぅと鳴き声を上げて駆けつける優しいお兄ちゃん。

 

ドッグランでも知らないわんちゃんにもしっぽ前回でフリフリして1人で突撃して誰とでも仲良く慣れるしんぺい君。

 

トイレもしっぱいしないし、吠えないし、言うこと聞くし賢くて、控えめで優しいお兄ちゃんのしんぺい君。

 

そんなしんぺい君に異変が現われたのは先週の月曜日。

前日の深夜から出発して、淡路島へ。

深夜のサービスエリアでSTEPNをしながらわんこたちと深夜の海辺散歩。

ドッグランでも思いっきり遊んで車に戻って就寝!!!

で寝て朝起きたら、相方からしんぺいくんが吐いた!との報告。

 

そのときは、熱中症か車酔いじゃないの?と思い、そのまま淡路島の目的地、あわじはなさじきへ。

 

駐車場から降りて、公園へ行く途中も、また吐き気を催すしんぺいくん。

 

車酔いだから大丈夫だろう?とそのまま園内を散策。

 

1時間ほどして車に戻り、別の移動場所へ移動してる道中にさらに車の中で2回も嘔吐。

 

しんぺいくん専用ドライブソファーがゲロまみれに。

 

潔癖症なしんぺいくんはゲロに触れないようにバンザイポーズ。

 

これはただごとではないと思い、急遽予定を中断し帰宅。

 

家についてもぐったりしているしんぺい君。

この子はちょっとしたことで大げさに鳴いたりするし、今回も少し大げさにしんどい振りしてるんじゃないかな?と思ってた自分を殴りたい。

 

明日になって調子が悪ければ、病院に行こうと思い、その日は様子見。

 

翌日、朝から嘔吐。ご飯をたべない。

 

夜、ベッドで寝てるだけなのにハァハァ言いながら呼吸がやたら早いし落ち着きがなかった日がある。水を大量に飲んで落ち着いた。

 

また嘔吐。

まだ車酔い??が残ってるのか???

 

病院につれていく。

 

直前までの過程を獣医に話す。

 

「車酔いか水分不足の可能性が有ります」とのこと。

 

年のため水分補給の大きな注射を打って様子をみることに・・・。

 

翌日、少し元気だ?餌も変えてみたら食べた。

 

翌日、散歩に行く。

散歩はいつも張り切ってリードをグイグイ引っ張るしんぺい君だが引っ張らない。

どう見ても元気がないし、息がキレているし、歩き方がいつもと違う?

 

明くる日、また嘔吐。

これはもうただごとではならない予感がし、病院へ。

 

血液検査を依頼する。

しんぺいくんの歯茎が真っ白なことを獣医が指摘。

「これは貧血です、すぐに血液検査をしましょう」と。

体重も数日で激減。

 

昨日はみがきするときに歯茎見たら色がこんな色だっけ?って自分で思ったくせになにも考えずに調べないで放置した自分を殴りたい。

 

診断結果:白血病の疑いがあります

 

白血病の数値が30万オーバー。

ここの獣医さんも数十年ぶりに見るぐらいのやばい数値だそうだ。

「とりあえず大学病院に紹介状と予約取りますのでまた電話します」とのこと。

ステロイドの注射とお薬にステロイド出しておきますね」と、終了。

 

いや、疑いじゃなくて完璧に白血病でしょ?

ステロイドって・・・・・・・・・・・

 

まぁ現実がその時は受け入れられなかったというか、実感が沸かなかった。

帰ってきてからずっとしんぺい君と遊んでいる。

いつも弟たちばっかり相手してて、お兄ちゃんのしんぺい君はわがままも言わずいつもおとなしく一人でおもちゃで遊んでるか寝てる。

名前を呼ぶと喜んで飛びついてくるし、外から帰ってきたらまっさきに顔をなめにきてくれるしんぺいくん。

そういやここ数日顔をなめられた記憶がない。

明らかにおかしかったんだ。

とは、おもいつつ夜も遅いので一緒にベッドへ。

いつもは足元の隅っこで一人で寝るのが好きなしんぺいくん。

なぜか今日は、自分の腕のところへ来た。

子犬の時はこうやっていつも寝てた。

いろいろしんぺいとの思い出を思いだした。

涙が止まらなくなって寝れなくなった。

2時間は泣いたかもしれない。目がパンパンだ。

なのでブログを今こんな時間に書いている。

スマホでいくら白血病の治療法を探しても。。。ない。。。

緩和するしかない・・・・。

慢性型なら1〜2年?急性なら数週間?の命????

 

なんで、この子なんでしょうか。

まだ3歳です。

今も元気なんですよ、お気に入りのぴえんクッションで遊んでるんですよ。

はぐきの色も少し赤みがかってきたんですよ。今日はご飯食べたんですよ。

ステロイド打ってもらったからか・・・・・

ステロイドが切れたらまた元気がなくなるんだろうか。

治療がしんぺいにとって辛いなら治療しないべきなのか。

1日でも長く生きられるように治療するべきなのか。

今、しんどくないのか?

言葉が話せないので察してあげるしかできない飼い主。

犬と会話が出来たらどれだけ幸せだろうか。

どれだけしんぺいに元気と勇気をもらったか、しんぺいに直接言葉で伝えられるのだろうか。

どれだけたくさんの時間を一緒にすごしたのだろうか。

3年ってこんなに早いものなのか?

チワワの平均寿命14歳って書いてたぞ?

お兄ちゃん死んじゃったら、弟の2頭はどうすんのさ?

 

頑張れ。しんぺい。頑張れ。

これしか言えない。なにも出来ない。治療も自分で出来ない。

ただそばに居てあげることしか出来ない。

ただ、最期の時、しんぺいが苦しむ姿を俺は見れるのだろうか。

とても耐えられない。想像しただけでもう泣いてしまう。

今はまだ、死ぬなんて考えられない。少し風邪を引いただけぐらいな感じなのだが。

でも検査結果の数値、病状の症例を見ていると全て当てはまる。

骨髄に問題があるのだ。遺伝なのか?

ドッグフードもおやつも飲み物も全て人間より高級なものを与えて我が子のように大切に大切に育ててきた。

 

 

明日は朝起きて大学病院に直接すぐ検査してもらえないか、電話をしてみる予定だ。

 

 

今日はしんぺいが遊び疲れてねるまでずっと付き合うつもりだ。

 

今日からしんぺいと一緒に闘病生活が始まる。